【ミシンキルト】キルティングに適した針

針には太さに応じて針番号がついている

ミシンの針には針番号がついており、番号が大きいほど太い針となります。通常、9番~16番まであり、薄地を縫う場合は9番、普通地は11番、デニムなどの厚地を縫う場合は16番、など使い分けます。

ミシンでのキルティングに適した針

ミシンキルトでキルティングをするときは、11番か14番の針を使用することが多いです。初心者にオススメなのは11番です。通常縫いが11番なので、キルティングも11番にしておけば、通常縫いに戻るときの針交換の間違いが起きません。(針番号は細い針の根元に小さい文字で書かれていて見づらいものなので)ミシンキルト用の薄いキルト綿であれば11番の針で十分でしょう。

ミシンで縫うけれど厚手のキルト綿を使用したいような場合は、少し太めの14番も縫いやすいです。

ミシンの針はこまめに交換したほうが良い

よく、ミシンを買ってから一度も針を替えたことがないという方がいらっしゃいますが、針はこまめに交換したほうが良いです。摩耗した針で縫い続けると、ミシン目がきれいに出なくなったり針が折れたりしてしまいます。また、曲がった針を気が付かずに使っていると、内釜が傷ついてミシンの故障の原因になります。

私は通常縫いもキルティングも11番を使用することが多いので、11番の針がたくさん入ったもの(10本入り)を購入してこまめに交換しています。特に、大作に取りかかる前は必ず新品の針に付け替えています

いつもこちらの針を購入しています。
「オルガン針 家庭用ミシン針 10本入り #11PD HA-1」
>> Amazonで見る
>> 楽天で見る

【ミシンキルト】キルティングに適した針” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です