ミシンキルトに適した糸と布の種類

ミシンキルトにオススメの糸

ピースワークにはシャッペスパン60番がオススメ

糸にはいろんな素材のものがあり、製作手法や作品用途によって適切なものを選ぶ必要があります。ミシンキルトのピースワークに向いている糸は、シャッペスパンのミシン糸60番(#60)です。シャッペスパンというのは、英語でschappe spunと書きます。schappeは「紡績糸」、spunはspin(紡ぐ)の過去分詞形で、”紡がれた糸”のような意味ですが、ヨーロッパの伝統的な紡績加工技術によって生み出された高級ポリエステル糸のことです。とても強くしっかりしているので、ミシン縫いに向いています。

シャッペスパン糸には代表的に30番、60番、90番のものがあります。それぞれ、薄地用、普通地用、厚地用に適しています。ミシンキルトでは普通地用の60番を選びましょう。

糸の色は白、生成り、クリーム色(色番号103)をよく使います。 ※暗い色の布の場合は暗い糸を使うこともあります。

  • 真っ白の生地を使うとき→  または 生成りの糸
  • 色のある生地や柄物生地を使うとき→ 生成り または クリーム色(色番号103)の糸

真っ白の生地以外の生地を使うときに真っ白の糸を使ってしまうと、折り開いたときに目立って見えることがあります。生成りとクリーム色(色番号103)あたりを用意しておけば無難ともいえます。700mの大巻きのものだとお得です。白・黒・生成り・クリーム色(103) いずれも1個単位から購入できます。

安いのはAmazonかもしれませんが、楽天のほうがわかりやすく色も選びやすいです。

キルティングにはシャッペスパンかファインがオススメ

キルティング用の糸にも、上で紹介したシャッペスパン60番が使えます。厳密に言えば50番くらいの糸がちょうど良いのですが、あえていろんな糸を集める必要はなく、60番で十分対応できます。

  • 白面積の多い生地のとき→ 生成り の糸
  • 濃い色の生地のとき→ 濃い色 の糸
  • その他普通の生地のとき→ 色番号103 の糸

また、少し光沢のあるファイン糸(50番)もお使いいただけます。こちらはシャッペスパンに比べると割高なので、こだわらない方はシャッペスパンで十分かと思います。

★ポリエステルなのに絹糸のような光沢としなやかさ!フジックスファインミシン糸【普通地用】50番/200m巻/ポリエステル100%/細さと強さ、縫いごごちの良さを備えた糸/FUJIX

価格:286円
(2020/12/10 19:30時点)

ミシンキルトにオススメの布素材

糸と同様、布にもいろんな種類があります。布の目の詰まり方や織り方によって呼び名があり、ミシンキルトで扱いやすい布は比較的針が通りやすい、綿100%シーチング布または綿100%エイティスクエア布になります。

オックス、綿麻、ポリエステル(化繊系)の布などは硬くてキルトには不向きです。

私はUSAコットンmodaの生地を好んで使用しています。柔らかくて上質な手触りで、ミシンでも手縫いでも縫いやすいです。⇒メルカリで50cmから購入できます
デザイナーによってあらかじめデザインされたカットクロスは、色合わせに悩むことなく作品が可愛く仕上がりますよ。ぜひ自分好みの布を探してみてください。お気に入りの布を使えば、製作中もワクワク楽しく、上達への近道となります♪

ミシンキルトに適した糸と布の種類” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です