【すぐできる】基本の三角つなぎでつくるカンタン鍋敷き

ミシンキルトが初めての方へおすすめの作品がこちら。鍋敷きサイズなので数時間で完成させることができますよ。今回はUSAコットンmodaのCharm Pack(12.7cm×12.7cmの正方形にプレカットされたクロス)のなかから、Lella Boutiqueさんの”garden variety”を選びました。(→詳細・購入はこちら

【今回の完成形】ポットサイズの鍋敷き(約14.5cm四方)

2枚をセレクトして四角縫い

パッケージを開けるとお庭を思わせるデザインの生地がたくさん

楽しい柄が多くて選ぶのを迷ってしまいます。今回はとてもカンタンなミシンキルトなので、この中から2枚をセレクトします。

こちらの2枚をセレクト

この2枚を中表に合わせて、マチ針でとめます。

ぐるりと四角に縫っていきます。目のあらさは2.0でいきます。ミシンの押さえをパッチワーク専用押さえに変更しておきましょう。(参考『ミシンキルトは7MM(1/4インチ)エッジが基本!』

目のあらさ2.0にセット
パッチワーク専用押さえを使ってぐるりと一周縫います
こんな感じです

対角線でカット

正方形の対角線で2回カットします。定規を当てて1回カットし、そのまま布を動かさずに反対側の対角線でもカットします。

これで三角つなぎ正方形が4ピースできます

すべてのピースをアイロンで開いていきます。柄もの・色が濃いほうに倒してアイロンを当てます。

アイロンを当てたら、耳をカットしておきましょう。

配置を考えて縫いつなげる

好きなように並べて配置を考えます。今回は2色しか使っていないのでパターンは少ないですが、余裕のある方は4色使ってみてもいいですね。ここでは左のパターンで進めてみます。

上2つと下2つをまず縫いつなげてアイロンします。倒し方を同じにするとかさばるので、お互い逆向きに倒してなるべく平に仕上げます。

ぬい目のあらさ2.2にセット
チェーンピーシングで続けて縫います
なるべく平になるように

上下も縫いつないでアイロンします。縫うときはマチ針で真ん中や端のポイントを合わせてから縫います。

マチ針でポイント部分は合わせます
最後は片倒しで
あっというまにできました

ポットサイズの鍋敷きにしました

裏地とキルト綿をつけてキルティングし、周りにパイピングをつけて、ポットサイズの鍋敷きにしてみました。

キルティングは直線落としとフリーモーションを入れました

【つくりかた】
裏地とキルト綿を1cmほど大きめにカットします。

裏地とキルト綿を少し大きめにカット

3枚を合わせて、自由にキルティングをします。キルティングの手順についてはこちらをご参照ください。↓↓

つぎにパイピング(ダブル)用の布を6cm幅でカットします。

パイピング用の布を6cm幅でカット

小物向けのパイピング(ダブル)のつけ方についてはこちらをご参照ください。↓↓

【小物キルト向け】ダブルパイピングの縫いかた

無事パイピングをつけられたら完成です。

★今回使用した生地はUSAコットンmodaの”garden variety”です。購入希望の方はこちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です