ミシンキルトを始めるうえで最低限必要な6つの道具

ハンドで仕上げるキルトと違って、ミシンキルトならではの作り方、使う道具などがあります。最低限そろえたほうがよい道具を以下に紹介しますので、ご参考ください。

ミシン

当然ミシンが必要ですね。ミシンキルトをするためには、2万円以下のミシンは避けたほうがよいでしょう。壊れやすいうえに、壊れたときの修理費がだいたい16,000円以上はするので修理費のほうが高くつく可能性があります。

個人的には、JANOMEのミシンが好きです。糸調子がカンタンで、モーターも強いです。

【参考】『ミシンの選び方!購入するときのポイント』

ミシンの選び方!購入するときのポイント

ロータリーカッター

ミシンキルトでは、縫い代7mmをきちんと計算して、布を正確にカットしておくことが重要になってきます。そのため、布はハサミではなくロータリーカッターでカットします。そのほうが正確にカットできるだけでなく、カットするスピードも速く、サクサク製作することにつながります。

おすすめはオルファのロータリーカッター(品番156B、L型45mm円形刃)です。以下のようなメリットがあります。

  • 使っていくうちに切れ味が悪くなってきたら刃を交換することができる
  • 手で握ったときだけ刃が出る安全設計
  • 本体が左右対称に作られているため、刃を入れ替えれば左利きの人も使える

OLFA セーフティロータリーカッターL型45mm 156B オルファ ※楽天ウィークリーランキング1位商品!

価格:899円
(2019/3/8 11:07時点)
感想(9件)

替え刃はこちら:

OLFA ロータリーカッター替刃 円形刃45ミリ替刃 RB45-10 10枚入り 楽天ウィークリーランキング1位商品!

価格:1,668円
(2019/3/8 11:11時点)
感想(19件)

【参考】『ロータリーカッター(オルファ)の刃の替えかた』 ←写真つきで解説しています。

カッティングマット

ロータリーカッターで布を裁断するときに下に敷くカッティングマットが必要です。最低限 30cm×40cmくらいのサイズがあれば、銘柄はどこでもよいと思います。オススメはClover(クロバー)のカッティングマットです。

クロバー カッティングマット 45×32 57-643 Clover クローバー 手芸用品

価格:1,080円
(2019/3/8 11:16時点)
感想(0件)

キルト定規

最低30cmあるものを用意しましょう。オススメはクロバーのミシンキルト定規30cmです。方眼目盛りがついています。

クロバー ミシンキルト定規 30cm 57-617

価格:1,210円
(2019/3/8 11:20時点)
感想(0件)

マチ針

基本的にはどんなものでも構いません。ミシンキルトで使いやすいマチ針の特徴は以下のとおりです。

  • 細めで柔らかい(→太かったり硬かったりすると生地がズレやすい)
  • 少し長め(→生地に埋もれてしまわないように)

アイロンとアイロン台

まずはご家庭でお持ちものもので十分お使いいただけます。慣れてくると、キルト用に卓上でササッと使える小さいアイロンも便利です。海外製のものだと安く手に入れることができますし、使い勝手もじゅうぶんです。VITORA製のミニアイロンは海外のキルターがよく使っています。

クロバー:

【送料無料】 パッチワークアイロン パッチワーク・キルト用品 57-904 (ネコポス不可)

価格:5,130円
(2019/3/8 11:37時点)
感想(2件)

海外メーカーVITORA製:

VITORA ヴィトラ ミレ ミニスチームアイロン 保証付 国内・海外両用 VM-02T(vi0a002)

価格:3,145円
(2019/3/8 11:36時点)
感想(57件)

これで最低限必要な道具は揃いました。つぎは、ミシンキルトに適した糸と布を準備しましょう。→『ミシンキルトに適した糸と布の種類』

ミシンキルトに適した糸と布の種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です