キルト小物の内側の縫い代をきれいに処理する方法

キルトでバッグやクッションカバー、ポーチなどを作るとき、内側の縫い代をきれいに始末する方法を紹介します。簡単に言うと、裏地を大きめに取って余白部分を折り返して縫いつける方法になります。 以下、クッションカバーを例に説明し … Continue reading キルト小物の内側の縫い代をきれいに処理する方法

【ミシンキルト】キルティングに適した針

針には太さに応じて針番号がついている ミシンの針には針番号がついており、番号が大きいほど太い針となります。通常、9番~16番まであり、薄地を縫う場合は9番、普通地は11番、デニムなどの厚地を縫う場合は16番、など使い分け … Continue reading 【ミシンキルト】キルティングに適した針

【大物キルト向け】ダブルパイピングの繋げかた・縫いかた

キルトのふちにつけてある飾りのことをパイピング(piping)といいます。(バインディング(binding)ともいいます)パイピングには、1枚で巻く”シングル”と2枚重ねて巻く”ダブル”の2通りがありますが、ダブルのほう … Continue reading 【大物キルト向け】ダブルパイピングの繋げかた・縫いかた

【小物キルト向け】ダブルパイピングの縫いかた

キルトのふちにつけてある飾りのことをパイピング(piping)といいます。(バインディング(binding)ともいいます)パイピングには、1枚で巻く”シングル”と2枚重ねて巻く”ダブル”の2通りがありますが、ダブルのほう … Continue reading 【小物キルト向け】ダブルパイピングの縫いかた

【基本】ミシンキルティングの手順(直線とフリーモーション)

トップ(表のピースワーク)が仕上がったら、つぎはキルティングです。キルト綿と裏地をつけて、表から縫い合わせます。※トップの作り方については、『作ってみよう』の『初級者向けミシンキルト』『中級者向けミシンキルト』『上級者向 … Continue reading 【基本】ミシンキルティングの手順(直線とフリーモーション)

ミシンの選び方!購入するときのポイント

ミシンの選び方・購入するときのポイントをご紹介します ミシンはメーカーやお値段など実にさまざまで、はじめて購入するときはどれを選べばよいか迷いますよね。そこで、ミシン選びの際にチェックすべきポイントやアドバイスなどをまと … Continue reading ミシンの選び方!購入するときのポイント

キルティングの際はミシン押さえを交換しよう(上送り押さえとダーニング押さえ)

表のトップ(ピースワーク)が終わり、キルト綿と裏地をつけたら、いよいよキルティング作業に入ります。このとき、ミシンの押さえはキルティングにふさわしい押さえに交換しましょう。 直線キルティングでは“上送り押さえ”を 直線縫 … Continue reading キルティングの際はミシン押さえを交換しよう(上送り押さえとダーニング押さえ)

ロータリーカッター(オルファ)の刃の替えかた

刃の切れ味が悪くなったら交換時 ロータリーカッターは使っていると刃の切れ味がだんだん悪くなってきます。切ったつもりが切れていない、または、力を入れないと切れないような状態になったら刃の交換時です。 「刃を砥げばいいのでは … Continue reading ロータリーカッター(オルファ)の刃の替えかた

ミシンキルトを始めるうえで最低限必要な6つの道具

ハンドで仕上げるキルトと違って、ミシンキルトならではの作り方、使う道具などがあります。最低限そろえたほうがよい道具を以下に紹介しますので、ご参考ください。 ミシン 当然ミシンが必要ですね。ミシンキルトをするためには、2万 … Continue reading ミシンキルトを始めるうえで最低限必要な6つの道具

ミシンキルトは7mm(1/4インチ)エッジが基本!

布の端から均等幅で縫うことが大切 ミシンキルトでは、布の端(エッジ)から7mm幅で均等に縫っていくのが基本となります。正確にカットされた布に対し、端から同じ縫い代で縫うことで、ピースを縫いつないでいったときに綺麗な見栄え … Continue reading ミシンキルトは7mm(1/4インチ)エッジが基本!